クラシックギター専門店
クラシックギター

ギター 修理 調整
ギターの管理法
ギターの健康診断
*
ギター管理用品
ギターの糸巻
ギター弦の巻き方
ギターのナット・サドル
ポジションマーク
*
*

ギター 修理 調整 塗装
症状 解決法 費用の目安 日数
A.フレットの端が出て、触ると痛い。
これは乾燥で指盤、ネックが縮むと発生します。バリが出ると言います。
この場合、ギターの各部分が割れる恐れがあります。
バリを取る
加湿をする
6000円〜
-----
1週間程
-----
B.糸巻の巻き具合が硬い。 巻く時に雑音が出る。
糸巻の精度が悪いか、歯車の磨耗、本体との取り付け不良などが考えられます。
糸巻の交換
部品の交換
取付の調整
2500円〜
300円〜
2000円〜
即日
即日
数日
C. 弦が古くもないのによく切れる。
弦の不良の場合もありますが、ナットの溝やサドルと弦との接触面が
スムーズでない場合に切れやすくなります。
弦を交換する
ナット、サドルの調整
ナット、サドルの作成
1000円前後
1000円前後
7000円〜
即日
即日
数日
D.いつの間にか汚らしくなった。
その理由は次のようなことが原因です。
1.身体の触れる部分の塗装が剥げる。
2. 汗や汚れ、木材のヤニ等で塗装が変化する。
3. 木材の収縮、膨張により塗装面の割れ、段差が発生する。
バフをかける
部分塗装をする
塗装の塗り直しをする
4000円〜
10000円〜
30000円〜
数日
2週間程
3週間程
E. 弾くと変な音が出る。
雑音発生の要因は次のようです。
1. 弦の巻き残しが表面板やヘッドに触る。
2. 糸巻の部品が共振する。
3. 内部の接着がゆるんでいる。力木の剥がれ
4. フレットが浮いている。又は凹んでいる。
弦の余分を切る
糸巻部品の緩み確認
糸巻の交換
力木の接着
フレット打ち込み
フレット打ち直し
-----
-----
2500円〜
5000円〜
3000円〜
10000円〜
-----
-----
即日
1週間程
1週間程
2週間程
F.ネックが反ってきた。
ギターのネックは強い力で引っ張られていますから長い年月で
次第に曲がってくる事があります。夏の暑さでネックの接着がゆるんだり、
乾燥や湿気で無理矢理に曲げられる事もあります。
ネック反りの熱処理
指板調整
指板交換
10000円〜
20000円〜
40000円〜
1週間程
3週間程
4週間程
G.良く鳴らない。音がつまる。
一番気づきにくい症状ですが、湿気過ぎ、力木のはずれ、駒の浮き、
フレットの浮き、弦高の変化などが考えられます。
適度の乾燥をさせる
力木の接着
駒の接着
フレット打ち込み
弦高の調節
-----
5000円〜
10000円〜
3000円〜
2000円〜
----
1週間程
1週間程
1週間程
即日
H.割れ、傷
大きく目立つ割れやキズもありますが、意外と知らないうちに発生してい
るものもあります。明るいところで目を凝らして点検して下さい。
弦が飛んで出来たキズは気になるものですね。弦の巻き方を参考にして下さい。
キズ直し、部分塗装
割れ直し、部分塗装
表面板割れ、全塗装
裏板割れ、全塗装
5000円〜
15000円〜
40000円〜
40000円〜
2週間程
2週間程
4週間程
4週間程

ギターのメンテナンスはファナ